home > 事務所紹介

事務所紹介

フラクタル法律事務所 青山事務所
所在地
〒107-0062 東京都港区南青山1-4-17-7階
電話番号
03-6447-4307
FAX番号
03-6447-4308
メール
info@fractal-law.com

 

取り扱い地域

東京都、埼玉県、神奈川県、その他の地域からも全国から相談を受け付けております。顧問先は全国にありますのでお気軽に御連絡下さい。

 

フラクタル法律事務所のクレド

私たちフラクタル法律事務所のスタッフは、お客様の幸せを第一に考えたサービス提供に努め、わかりやすい説明、心を込めた応対を心がけます。そのためには依頼者の方のために、専門家として客観的なアドバイスやリスクを伝えることも大切な使命であると考えます。

こちらよりクレドの全文をご覧頂けます。

 

パンフレットPDFダウンロード

こちらから、フラクタル法律事務所のパンフレット(PDFファイル)をダウンロードしていただけます。

 

pdf フラクタル法律事務所パンフレット

(PDF形式 3.8MB)
2017年現在の情報です。

フラクタル法律事務所パンフレット

 

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
アドビ・システムズ社のサイトより無料でダウンロードできます。

 

 

フラクタル法律事務所の写真

ページトップへ

お電話、メールでのご予約を承ります。

初回無料相談 :債務整理(借金問題)、交通事故(被害者)、ゴルフ預託金
受付時間 : 月~金 10:00~19:00  土日祝日 09:00~19:00
TEL : 0120-684-600   Mail : info@fractal-law.com

費用についてはこちら(分割払い、カード払いのご相談も承ります)

ニュース・トピックス

夫は会社の女性社員と不倫をしているようです。このところ帰宅時間が遅く、家でも様子がおかしいので問いつめたら、白状しました。夫が白状しているので離婚はできますか
離婚の相談で多い相談が、自分の持っている浮気の証拠が十分ですか、というものです。その証拠を何に使用するかによってそれが十分かどうかは回答が異なります。法的手続きとなった場合の証拠としては、不倫相手とのメール、一緒に写った写真、などが有力な証拠と言えます。しかし、口頭で夫が認めただけでは、後に言っていないと否定されてしまえば何の証拠にもなりません。そこで、会話を録音する、手紙にしてもらい署名してもらうなどして証拠化する必要があります。 反対に、一緒にホテルに行った写真まではなくても、いくつかの証拠を併せて、不貞の認定がされる場合もありますし、尋問で相手方を崩すことで立証される場合もあります。証拠が十分かお悩みの方は、法律相談で遠慮無くお聞きになって下さい。
離婚をせずに不倫相手から慰謝料をもらいたいのですが。それでも相談にのって貰えますか。
夫が不倫をしたが、子供がまだ小さい、働いておらず経済的に自立できないといった理由から離婚をしないという選択をする方はいらっしゃいます。あなたの気持ちが夫を許せなくても経済面を重視する、または結婚を続けた方が自分にとって有利だということであれば、私達はあなたのご希望の沿った形での解決のお手伝いをさせていただきます。

>> 離婚Q&Aをもっとみる

ページトップへ