home > 弁護士紹介

弁護士紹介

弁護士法人フラクタル法律事務所は、首都圏を中心に全国の相談を受けております。
弁護士だからできる解決方法があります。

弁護士 田村勇人(たむら はやと) 男性  第一東京弁護士会所属

フェイスブック メディア出演歴はこちら

弁護士 田村勇人
略歴
2003年03月 法政大学大学院社会科学研究科卒業
2003年11月 司法試験合格
2005年10月 平沼高明法律事務所勤務
2006年12月 フラクタル法律事務所開設(同代表パートナー)
2014年02月 青山を本店とする
・元法政大学法科大学院特任講師
・元弁護士賠償責任保険調査担当
・犯罪被害者委員会
・業務改革委員会

 

プロフィール
離婚問題・男女問題の専門家として、メディアに多数出演しています。
豊富な実績から得たノウハウを駆使し、各依頼者の傾向や見通しを見抜き、その方に最も適した解決策を打ち出します。暗い気持ちになりがちな離婚・不貞問題も、持ち前の闊達さで、ご本人が前を向けるよう叱咤激励を織り交ぜながら全力でサポートしていきます。

LINEオフィシャルブログはこちら

 

ライン

 

弁護士 堀井亜生(ほりい あおい) 女性  第一東京弁護士会所属

フェイスブック メディア出演歴はこちら

弁護士 堀井亜生
略歴
2000年03月 中央大学法学部法律学科卒業
2003年11月 司法試験合格
2005年10月 平沼高明法律事務所勤務
2006年12月 フラクタル法律事務所開設(同代表パートナー)
2014年02月 青山を本店とする
・犯罪被害者委員会
・業務改革委員会

 

プロフィール
離婚問題・男女問題の専門家として、メディアに多数出演しています。
依頼者の方の現状と共に未来をも見据え、ご本人が「これでよかった」と思えるような解決策をお示しします。時には、率直で力強い言葉をかけながら、依頼者の方と全力で向き合いサポートするため、「おかげで一歩踏み出せました」との言葉をよく頂きます。
☆出版情報☆
10月30日(金)
「ブラック彼氏 ~恋愛と結婚で失敗しない50のポイント~」毎日新聞出版
アマゾン他で購入ができます!

ブラック彼氏

Amebaオフィシャルブログはこちら

 

ライン

弁護士 今井猛嘉(いまい たけよし) 男性  第一東京弁護士会所属

メディア出演歴はこちら

弁護士 今井猛嘉
略歴
1988年04月01日~1991年03月01日 東京大学法学部 助手
1991年04月01日~1995年09月01日 北海道大学法学部 助教授
1995年10月01日~現在 法政大学法学部 助教授(「刑法Ⅰ・Ⅱ」「刑法演習」担当)
1998年08月01日~1999年03月01日 Iイギリス・ケンブリッジ大学法学部 客員研究員
1999年04月01日~2000年03月01日 スイス・ジュネーブ大学法学部 客員研究員
2000年04月01日~2000年07月01日 イギリス・ケンブリッジ大学法学部 客員研究員
2000年08月01日~2000年09月01日 スイス・ジュネーブ大学法学部 客員研究員
2002年04月01日~現在 法政大学法学部教授(「刑法」担当) (現在に至る)
2002年07月01日~2002年09月01日 ドイツ・フンボルト大学法学部 客員研究員
経済産業省 産業構造審議会 通商・貿易分科会委員

 

著書
法律学小辞典(第四版)
刑事法辞典
LEGALQUEST刑法総論
LEGALQUEST刑法各論
法律学小辞典(第三版)
新・判例マニュアル・刑法Ⅱ
刑法は企業活動に介入すべきか
所属学会等
法政大学大学院法務研究科教授
法制審議会刑事法部会委員
司法試験考査委員
内閣官房・内閣府本府入札等監視委員会 委員
The Japanese Representative(Examiner) to the OECD Working Group on Bribery
High Level Adviser to the Secretary General of the OECD

ライン

 

弁護士 長島功(ながしま いさお) 男性  第一東京弁護士会所属

メディア出演歴はこちら

弁護士 長島功
略歴
2008年03月 中央大学法科大学院 卒業
2008年09月 司法試験合格
2009年12月 弁護士法人フラクタル法律事務所勤務

 

プロフィール
依頼者の方が抱えている悩みや思いを全て話すことができるよう、寄り添うように相槌を打ち、安心感を与えながら相談内容を引き出していきます。穏やかな人柄で依頼者の方からの信頼も厚く、「先生とお話がしたい」と些細なことでもよくお電話を頂きます。方向性を正すべき時は率直に提言し、今後がより良い人生となるようアドバイスをしています。

 

ライン

弁護士 小島梓(こじま あずさ) 女性  第一東京弁護士会所属

メディア出演歴はこちら

弁護士 小島梓
略歴
2005年    アカデミック・イニシアティブ・ケンブリッジ国際法プログラム 修了
2008年03月 法政大学法科大学院修了
2010年09月 司法試験合格
2012年01月 弁護士法人フラクタル法律事務所勤務

 

プロフィール
依頼者の話にとことん耳を傾け、不安を解消すべく気持ちに寄り添います。電話口からも伝わる丁寧な対応が、些細なことでも聞いてくれるという安心感を与え、依頼者からの信任を得ています。親権問題等、小さなお子様が争いに巻き込まれざるを得ない事件では、お子様に与えるストレスが最小限となるよう配慮し、細やかな対応を怠りません。

 

ライン

弁護士 幡野真弥(はたの まさや) 男性  第一東京弁護士会所属

メディア出演歴はこちら

弁護士 幡野真弥
略歴
2008年03月  一橋大学法学部卒業
2011年03月  中央大学法科大学院修了
2011年09月  司法試験合格
2013年01月  弁護士法人フラクタル法律事務所勤務

 

プロフィール
当事者の感情が先行しがちな家事事件においては、相手方に対し、一般的な事例の提示と併せ依頼者の現状を説明することで、双方にとって妥当な条件で解決が出来るよう尽力します。落ち着いた態度の内に見える、柔和な表情と熱意ある誠実な対応が、依頼者に頼りにされる最大の理由です。

 

ライン

弁護士 佐藤祐介(さとう ゆうすけ) 男性  第一東京弁護士会所属

メディア出演歴はこちら

弁護士 佐藤祐介
略歴
2007年03月 東北大学法学部卒業
2011年03年 中央大学法科大学院卒業
2012年09年 司法試験合格
2013年12月 江東総合法律事務所勤務
2015年03月 弁護士法人フラクタル法律事務所勤務

 

プロフィール
「依頼者の幸せを第一に考える」という理念のもと、親しみと安心感を与えられる『身近な』弁護士を目指し、日々研鑽を積んでいます。
特に、知的財産、家事、刑事、医療案件に興味を持ち勉強を続けています。
勤勉・誠実な人柄で、強い情熱と責任感をもつ期待の弁護士です。

 

ライン

弁護士 沼里祐太(ぬまり ゆうた) 男性  第一東京弁護士会所属

弁護士 沼里祐太
略歴
2012年03月 明治大学法学部卒業
2014年03年 中央大学法科大学院修了
2015年09年 司法試験合格
2016年07月 国家公務員総合職院卒者試験合格
2016年12月 都内法律事務所勤務
2017年03月 弁護士法人フラクタル法律事務所勤務

 

プロフィール
家事、医療、労働、企業法務、刑事等、幅広い分野の事件を取り扱っています。
また、依頼者の感情面や経済的合理性にも配慮し、行き届いたリーガルサービスを提供できるよう心がけております。
東京マラソンを初め各地のマラソン大会に出場しており、困難な事件であっても、マラソンで鍛えた忍耐力で真っ向から立ち向かっていきます。

 

ライン

フラクタル法律事務所

メディア掲載履歴
2013年06月15日   当事務所が撮影に使われた映画「二流小説家―シリアリスト―」が公開予定

フラクタル法律事務所の写真

ページトップへ

お電話、メールでのご予約を承ります。

初回無料相談 :債務整理(借金問題)、交通事故(被害者)、ゴルフ預託金
受付時間 : 月~金 10:00~19:00  土日祝日 09:00~19:00
TEL : 0120-684-600   Mail : info@fractal-law.com

費用についてはこちら(分割払い、カード払いのご相談も承ります)

ニュース・トピックス

夫は会社の女性社員と不倫をしているようです。このところ帰宅時間が遅く、家でも様子がおかしいので問いつめたら、白状しました。夫が白状しているので離婚はできますか
離婚の相談で多い相談が、自分の持っている浮気の証拠が十分ですか、というものです。その証拠を何に使用するかによってそれが十分かどうかは回答が異なります。法的手続きとなった場合の証拠としては、不倫相手とのメール、一緒に写った写真、などが有力な証拠と言えます。しかし、口頭で夫が認めただけでは、後に言っていないと否定されてしまえば何の証拠にもなりません。そこで、会話を録音する、手紙にしてもらい署名してもらうなどして証拠化する必要があります。 反対に、一緒にホテルに行った写真まではなくても、いくつかの証拠を併せて、不貞の認定がされる場合もありますし、尋問で相手方を崩すことで立証される場合もあります。証拠が十分かお悩みの方は、法律相談で遠慮無くお聞きになって下さい。
離婚をせずに不倫相手から慰謝料をもらいたいのですが。それでも相談にのって貰えますか。
夫が不倫をしたが、子供がまだ小さい、働いておらず経済的に自立できないといった理由から離婚をしないという選択をする方はいらっしゃいます。あなたの気持ちが夫を許せなくても経済面を重視する、または結婚を続けた方が自分にとって有利だということであれば、私達はあなたのご希望の沿った形での解決のお手伝いをさせていただきます。

>> 離婚Q&Aをもっとみる

ページトップへ