home > コラム >高嶋政伸さんの離婚問題についてスーパーニュースでのコメント

高嶋政伸さんの離婚問題についてスーパーニュースでのコメント

先日のブログで、離婚したがらない妻についてお話しました。
夫が離婚したがらない場合と妻が離婚したがらない場合は異なっています。

離婚を夫から切り出された妻は、すぐに気持ちの整理がつかないのは当然のことです。 長年不仲であったり、喧嘩が耐えなくても、いざ離婚といわれると躊躇します。 また、女性の場合には、経済的な面から離婚にふみきれない方も多いです。 しかし、調停、裁判となれば夫に強い離婚の意思があるとわかりますので、離婚に気持ちが向かい、その後の前向きな自分の生活のために経済的な保障を要求する方が多いです。 しかし、まれに、自らに少なからず原因がありながら離婚訴訟までいたっても、経済的な理由以外で離婚はしたくない、本当にやり直せると主張する妻がいます。

こういった妻の特徴は、外見に自信がある、ということです。
外見に自信のある女性は、

かわいいので昔から男性にちやほやされていた

自分が嫌われる事などあり得ないと思って、周囲の意見や夫の要求を一切聞かない

自分が男性から振られることが理解できず、受け入れられない

といった傾向があります。
故に、裁判になっても、彼が私を嫌いなはずはない、弁護士が彼に離婚無理矢理し向けたなど理解しがたい主張をするのです。

このような妻には、金銭的な提案をしても、もう愛情がないと伝えても、同居中の嫌なところを伝えても、全く聞く耳を持たないのです。

先日、フジテレビ「スーパーニュース」より高嶋政伸さんの離婚問題について取材を受けました。 取材の段階では、調停で話し合いがつかず、離婚訴訟になっている程度の報道しかなかったのですが、離婚を多く扱う弁護士として、今後の見通しやなぜ離婚訴訟にまでなったかの、コメントを求められました。 高嶋夫妻の経歴(特に妻美元さんの経歴)、スピード結婚だったこと、調停期間が短かったことから、金銭的な面の折り合いがつかないのではなく、妻が離婚そのものに納得がいってないのではないかと予測しました。

美元さんは、ミスユニバースジャパン、モデル、女優、そして、交際してすぐにプロポーズを受けたとなれば、自分が振られることを受け入れられない客観的な事情が揃いも揃っています。

スーパーニュースでは、美元さんが離婚を受け入れないため訴訟となったのではないかとコメントしましたところ、その日の夜に美元さんのブログに「私としましては、二人が結婚してからまだ間もないこともあり、夫婦関係の修復を目指し、協議させていただいている状況ですので、 今しばらく、そっと見守っていただければと考えております。」とあり、予測的中。

もちろん美元さんが先ほど述べたような人間だと断定するわけではありませんし、あくまで外形的な事情から離婚訴訟の原因を推測したまでですが、きれいな方に別れて欲しいと言ってもなかなかその言葉が本心と信じて貰えないというお話です。

高嶋政伸さんは、裁判で、同居中の嫌なところを主張するだけでなく、美元さんに嫌いだという意思をしっかり伝えること、そして改善の話し合いをしたが改善の可能性が無いことを主張することが、解決のポイントでしょう。

ページトップへ

お電話、メールでのご予約を承ります。

初回無料相談 :債務整理(借金問題)、交通事故(被害者)、ゴルフ預託金
受付時間 : 月~金 10:00~19:00  土日祝日 09:00~19:00
TEL : 0120-684-600   Mail : yoyaku@fractal-law.com

費用についてはこちら(分割払い、カード払いのご相談も承ります)

ニュース・トピックス

夫は会社の女性社員と不倫をしているようです。このところ帰宅時間が遅く、家でも様子がおかしいので問いつめたら、白状しました。夫が白状しているので離婚はできますか
離婚の相談で多い相談が、自分の持っている浮気の証拠が十分ですか、というものです。その証拠を何に使用するかによってそれが十分かどうかは回答が異なります。法的手続きとなった場合の証拠としては、不倫相手とのメール、一緒に写った写真、などが有力な証拠と言えます。しかし、口頭で夫が認めただけでは、後に言っていないと否定されてしまえば何の証拠にもなりません。そこで、会話を録音する、手紙にしてもらい署名してもらうなどして証拠化する必要があります。 反対に、一緒にホテルに行った写真まではなくても、いくつかの証拠を併せて、不貞の認定がされる場合もありますし、尋問で相手方を崩すことで立証される場合もあります。証拠が十分かお悩みの方は、法律相談で遠慮無くお聞きになって下さい。
離婚をせずに不倫相手から慰謝料をもらいたいのですが。それでも相談にのって貰えますか。
夫が不倫をしたが、子供がまだ小さい、働いておらず経済的に自立できないといった理由から離婚をしないという選択をする方はいらっしゃいます。あなたの気持ちが夫を許せなくても経済面を重視する、または結婚を続けた方が自分にとって有利だということであれば、私達はあなたのご希望の沿った形での解決のお手伝いをさせていただきます。

>> 離婚Q&Aをもっとみる

ページトップへ

ご相談

    フラクタル法律事務所のTwitterを開設しました。
    メディア出演や法律コラムの更新などをお知らせしています。
    下のボタンからフォローしてください♪

    twitter

  • 離婚の手続き
  • 医師特有の離婚問題
  • 芸能人の離婚問題・男女問題
  • 婚約破棄
  • 男女問題慰謝料一覧
  • 離婚Q&A
  • 事務所の解決事例
  • 弁護士に頼むメリット
  • 離婚カウンセリグのすすめ
  • 事務所へのよくある質問
  • コラム

メディアの方へ

フラクタル法律事務所 青山本店

フラクタル法律事務所の歯科医師専門サイト

獣医師のための法律相談専用サイト